深夜无眠——献给你的诗篇

秋色翩跹 轻雾绵绵
漫漫黑夜里 辗转无眠
因心底涌起瑰色的伤悲
静静啃噬着孤独的魂灵

曾以为温暖只来自太阳
曾以为幸福只来自自己
曾以为少年不必知愁滋味
曾以为生活只需向前走

直到一道光照进我的心
才知道什么叫温暖
什么是幸福
For the moon never beams without bringing me dreams
And the stars never rise but I feel thou bright eyes

可是夜色又临
可是寒冷再来
知晓温暖的人却再无法
独自面对

于是冰冷的心生出瑰色的伤悲
于是着伤悲啃噬着孤独的魂灵

┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄

ねぇ 思い出のカケラに
名前をつけて保存するなら 宝物がぴったりだね
そう 心の容量が いっぱいになるくらいに 过ごしたね ときめき色の毎日
なんじんだ制服と上履き ホワイトボードのラクガキ
明日の入り口に 置いてかなくちゃいけないのかな

でもね 会えたよ 素敌な天使に
卒业は终わりじゃない これからも仲间だから
一绪の写真达 おそろの记忆が
いつまでも 辉いてる
ずっとその笑颜 ありがとう

駅のホーム 河原の道
离れてても 同じ空见上げて
ユニゾンで歌おう

でもね 会えたよ 素敌な天使に
卒业は终わりじゃない これからも仲间だから
大好きって言うなら 大大好きって返すよ
忘れ物 もうないよね
ずっと永远に一绪だよ

分享到:

拍拍手

何不考虑再看看:

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

 

主人不知道又在神马糟糕物呢...
Merry